LA400Kコペン VVTI変更にて更にパワーアップして実走セッティングへ!

ダイナパックでのセッティングが完成した!と思っていたLA400Kコペンですが

どうにもVVTIが気になって微調整をして見ました。

するとブーストに若干の変化が見られ

最大トルクもパワーも少しだけ上がりました。

水色は先日のパワーチェックの際のグラフになります。

 

ノーマルECUでのブーストと比較すると

こんな感じでオレンジ色がノーマルECUでのブースト

赤色がECUセッティング後のブーストです。

(グレーは無視してください。

 点火を変更するとどれくらいブーストが変化するのか見た時の名残です。)

 

ノーマルはオーバーシュートが激しく高回転での抑えも大きいので

300rpmから4500rpmまでのトルクが欲しい領域のブーストはフラットに確保し

その後のブーストもノーマルより若干嵩上げしてあります。

 

EVCなどを使って無理矢理ブーストを上げると圧力補正が入り

燃料がどんどん追加されて行く傾向ですので

ブーストが上がっても燃料過多で相殺・・・みたいな感じに陥ります。

 

ダイナパックでは結構良い感じの数字になったので

  

ダイナから車両を降ろして実走セッティングに移行してゆきます。

 

もちろんスピードリミッターカットの検証も継続的に行っていきますよ~。