ZC33S スイフトスポーツ ノーマルタービン+ブーストアップセッティング!

先日はタービン交換されたZC33S スイフトスポーツを

ブーストコントローラーを使ってセッティングしましたが

今回はノーマルタービン車両でのテストです!

車両は前回Step3を導入して下さった後期車両になります

 

まずはStep3+HKSのSPEC-LⅡマフラーでどれくらいパワーが出ているかを測定

TCF1.15にてNormal車両と比較してあります。

実線がStep3でオレンジ色の破線がNormal車両(前期)になります。

TCF1.15にするとノーマルでも142psと

カタログ数値を超えるのがZC33Sの凄い所ですが

Step3にしますと193ps トルクは35.3kと言う結果でした。

前期のテスト車両でNewStep3が200psぐらいですので

すこし数字は落ちますが、パワーカーブが非常にきれいです。

この辺りが前期と後期の違いでしょうね。

 

ブーストの差は

これぐらいの差を付けてあります。

Step3ですとMaxで1.3k強まであげて、その後1.0kぐらいまで下がります。

 

さて、ここからが本番

エンジンルームからデーター取り用の各配線をダイナパックに繋ぎ

圧力センサーの出力ボルトと実際のブーストに

どう言うキャリブレーションが使われているかを実測値から割り出します。

分かってしまえば、あ~、あれと同じね。って感じです。

 

この数字が分かると

この数字の違いの意味が分かると思います。

赤枠で囲まれた数字と同じ場所を動画でも見ていてください。

ハイっ!そう言う事なんです。

 

この操作を

このブーストブーストコントローラーで行う事が

ZC33Sのブーストコントローラーによるブーストアップなんです。

 

っで

ブーストをここまで上げます。

赤色実線がブーストアップ後で、Maxで1.6kぐらいまで上げて

その後は1.05kぐらいまで落とします。

 

お待ちかねのパワーグラフは

これです。

オレンジ破線、ノーマル

ピンク実線 Step3

赤色 実線 ブーストコントローラーによるブーストアップ+専用データー

 

最大パワー値の差で見ると、10psの違いですが

トルクの差で見ると5kあがってます。

しかも2500rpmでトルクは40k越え!

5000rpmまでと割り切れば、かなりのポテンシャルです。

 

ちなみに前回セッティングしたタービン交換+ブーストアップと比較すると

こんな比較になります。

水色破線がタービン交換車両のブーストアップで

赤色実線が今回のノーマルタービン+ブーストアップです。

 

ここまで如実にタービン特性が出るのは面白いですね。

2500rpmまでの圧倒的なトルクを楽しみたいならノーマルタービン

ブーストアップによる5000rpm以降の恩恵を味わいたいならタービン交換

ここまでの差が目で見てわかると、お金を掛けてタービンを交換する意味も見えてくると思います。

 

ブーストがあまり上げれない状態では

タービン交換のメリットが少ししか感じられなかったのですが

ここまでブーストを上げて行くとタービンを交換する価値が見えてきますね。

 

今回のテストで

〇ノーマルタービンでもブーストコントローラーによるブーストアップが有効な事

〇ブーストコントローラーによるブーストアップはタービン交換でより本領を発揮する事

この2面がわかり、大満足です。

 

結果が分かると今度は価格が知りたくなると思いますが

電子データー式ブーストコントローラー 35000円

ブーストアップデーターセッティング&取り付け工賃 25000円

ブーストコントローラー併用専用ECUデーター 128000円

(すべて税別)

これがブーストコントローラーを使ったブーストアップを行う為の関連費用です。

 

来店にて実車施工する場合は別途ECUデーターのインストール代などが必要になるのと

Step3同様、HKSのSPEC-LⅡマフラーと

(もしくは同等の排気容量を持ったマフラーが必要ですが

 SPEC-LⅡより抜けの良いマフラーを現状で見た事が無いです。)

NGKのレーシングプラグが必須となります。

 

HKSやモンスター製のタービンに交換されている車両で

ブーストコントローラーによるブーストアップを行う場合は

基本的にECUの現車合わせセッティングが必要になります。

 

すでに当店のECUデーターをインストールされているZC33Sオーナーも

多数いらっしゃいますので、現状からのStepアップは随時お問い合わせ下さい。

 

この記事を見て、改めてタービン交換して見たい!と言うお問い合わせも大歓迎で

前期でも後期でも同じようにブーストコントローラーによるブーストアップが可能です。

 

さて、今週はこれで2台のダイナパックによる現車合わせセッティングが終わりました。

実走セッティング待ちの2台です。

 

続いてのダイナパックセッティングは

慣らし運転の終わったCT9A フルチューンドランエボ8です。