悲報!朗報!!ZC33S最新情報 ECUチューンはGEN2へ進化 オリジナルサスペンションも!?

多くの皆さんがお待ちかねのZC33S スイフトスポーツの最新情報をお届けします。

 

まずは悲報から・・・。

デモカーとして追加した後期のZC33S スイスポ

ようやく1000㎞の慣らし運転が終わったので、ダイナパックでドノーマル時のパワーチェックを!

マフラーも、排気効率最悪な

純正マフラーで

御座います!

今回はこの状態でノーマル時のパワーチェックと

STEP1とSTEP2 ECUチューンを第二世代(ジェネレーション2 略してGEN2)へとアップデートさせます。

では、なぜそれが悲報なのか・・・?

 

TCF1.0にてパワーチェックを行い

前期型のパワーグラフと重ねて見たのですが

何回パワーチェックしても、前期よりもパワーが出ていません。

巷で噂程度に聞いたことは有ったのですが

・・・前期より後期のが遅い・・・

どうも噂では無く、本当だった様です。

緑が元デモカーの前期ZC33Sのドノーマル時

赤が現デモカーの後期ZC33Sのドノーマル時

トルクの立ち上がるタイミングは後期のが早いのですが4000rpm以降のパワーの伸びが・・・。

残念ですがこれが現実です。

パワーが伸びない原因はコイツですね。

前期に比べ、かなり燃料濃いめです。

 

TCF1.0を前期に準じさせて

1.15にすると、こんな感じのグラフと数字がセッティング前の基準値となります。

 

まあ、ノーマルで乗る事は無いので、ECUチューンした後が前期を抜いていれば良いんでしょって事で

まずはSTEP1 GEN2を造って見ました。

 

破線がドノーマル時(REVリミット6000rpm)、緑が旧STEP1

そして赤が後期ZC33SにおけるSTEP1 GEN2です!

(もちろん前期にも対応しています。)

 

ベース車両のノーマル時は前期よりパワーが落ちてましたが、STEP1 GEN2施工後は

前期に旧STEP1をインストールした時よりもパワーもトルクもアップしてます!!

技術の進歩は目覚ましいですからね~。

最大トルク32k 177psがマフラーはもちろんプラグだってノーマルのまま出せちゃいます。

 

旧STEP1よりも色々と変更点があるので、価格は58000円(税別)に値上げしました。

値上げ分の価値は十分にあるので・・・って言うか今までの価格が安過ぎました。

ついでに1台しか施工しなかったSTEP0(スピードリミッターカットのみ)は廃止にしました。

 

STEP1 GEN2でこれだけ良い結果が出てしまうと、STEP2 GEN2テストにも自然と力が入ります。

結果は・・・

っと、ちょっとその前にSTEP2 GEN2を開発するにあたり

今回はプラグをノーマルのままでも良い様に工夫しました。

 

もちろんサーキット走行をするオーナーや峠をバンバン走るオーナーは

今まで通りプラグをNGKのレーシングプラグに必ず交換して下さい。

 

ただ、80%街乗りで、たまに高速道路をぶっ飛ばすぐらいの走り方であれば

ノーマルプラグでなんとかならないかと・・・。

 

でもパワーが落ちてしまっては意味がないので

数字はしっかりと出させて頂きました。

一番上を走るグレーのグラフがSTEP2 GEN2インストール時のパワーとトルクで

188ps トルク32.8kです!

(赤いグラフ等はさっき載せたSTEP1 GEN2等のグラフです)

数字も良好なんですが、そのグラフカーブに注目して下さい!!

STEP1 GEN2と比べても2500rpm以降のトルク落ちがなく4000rpm付近まで最大トルクをキープします。

4600rpmで叩き出す188psの後もパワーの落ち込みは最小限に留め

6500rpmのREVリミットでも165psを維持します。

これがSTEP2 GEN2の実力ですが、これでいてプラグはノーマルです。

 

旧STEP2と比べると

こんな感じのグラフ差になり、細い線が旧STEP2です。

一瞬の最大トルクこそ負けてますが、それ以外はすべて上回っています。

 

でも、ブーストを見てみると

細い線が旧STEP2で太い線がSTEP2 GEN2なのは上のグラフと同じです。

そう、今回のSTEP2 GEN2はブーストを落としているので、プラグはノーマルでもなんとかなるんです。

(ちなみに緑の破線はノーマル時のブーストグラフです。)

くどい様ですが、サーキットを走る場合や連続して高負荷を掛ける場合は

必ずプラグをNGKのレーシングに替えて下さい。

ただ、たまに高速道路で全開カマすぐらいなら、ノーマルプラグでも耐えれる様な仕様にしています。

ここまで拘って造ったのでSTEP2 GEN2は78000円(税別)に値上げです。

 

このブログに先立ってECUの価格表も改定しておきました。

改定と同時にSTEP4は廃止とし、HiBoostUP仕様を正式なラインナップへ昇格。

デモカーはマフラーをHKSのSPEC-LⅡに交換し、プラグをNGKレーシングに替えて

MaxBoostUPを本格的に煮詰めて行きます。

 

ミドルタービン交換仕様はGCG製Newタービンがかなり調子よく

納車したオーナーからは

この様な感想を頂きました。

幾多のスポーツカーやチューニングカーを乗り継いで来たオーナー様から

こう言った好評を頂けると、製作側としてもテンションMAXです。

 

ただ、すべてのZC33Sオーナーがミドルタービン交換仕様まで辿り着けるか?と言うと

様々な理由で、泣く泣くあきらめる人も多いと思います。

 

タービン交換までは出来なくても・・・

そう言った願いに応える為、ノーマルタービンを使い倒したMaxBoostUP仕様を鋭意開発中です。

 

STEP1 GEN2からタービン交換まで

ZC33S スイスポのパワー系チューニングはビークルフィールドにお任せください!

 

っと言いつつも

フットワーク系オリジナルパーツ

キャンバー調整機能付きでテストを開始してます。

こちらもご期待ください!