ZC33S スイフトスポーツ HKSフラッシュエディター&ブーストアップ仕様完成!

先日のブログで、ダイナパックに載せるまでの様子を紹介した

ZC33S スイフトスポーツですが、初期化したフラッシュエディターを

今度はフラッシュエディター専用編集ソフトでデーターを編集。

データー式ブーストコントローラーと併用する為のプログラムを作って行きます。

 

出来上がったデーターは一度フラッシュエディターに書き込んだ上で

そのフラッシュエディターから車両にインストールします。

 

初期化時とは違って

データーの書き込みは結構アッと言う間に終わります。

 

エンジンルーム内の

ブーストコントローラーも

PCを繋いでセッティングしながら

ECUのデーターも微調整を繰り返してセッティングして行きます。

海外ツールとは違ってVVTIの進角状況もしっかりと読み取れるLOG機能があるので

セッティングによる効果の判断には非常に便利です。

 

最終的には、こんな出力特性になりました。

ピンクとオレンジがマフラー交換後ECUノーマルでのパワーチェックで

6000rpmで介入するRevリミッターの影響をモロに反映しています。

 

赤と緑がフラッシュエディターのみを使ってセッティングした時のグラフで

オレンジがデーター式ブーストコントローラーを併用して

フラッシュエディターをセッティングした際のグラフになります。

 

単純にセッティング前と後を比べると

こんなグラフになります。

セッティング後MAX195ps トルク39.1k

セッティング前に比べて43.6ps 11.2kのアップデートです。

 

今回は基本的に現車合わせセッティングですので

個体に合わせて隅々までセットアップしてありますが

通販対応やデーターインストールのみの場合はもう少しマージンを確保します。

 

フラッシュエディターを使わないECUセッティングとブーストコントローラーでは

204PS トルク40.2k出るので

比較してしまうと、最大値では差が出来てしまいました。

 

この差を埋めようと、少しだけ踏ん張って見たのですが

フラッシュエディターでは編集の出来ないMAPが関係していてギブアップ。

 

 

その分、フラッシュエディターを使ったECUチューンには

純正ECU書換シリーズには無い魅力があります。

 

まずフラッシュエディターにはノーマルを含め3つのデーターが保存できます。

今回はブーストコントローラー併用に合わせたローパワーモードを設定し

Phase1 ローパワーモード

Phase2 ハイパワーモード

Normal ノーマルモード

の3種類のデーターを、ご自分で選択して書き込めるようにしてあります。

そしてフラッシュエディターを使えば、通販時の車両のダウンタイムを0に出来ます。

純正ECU書換の際は、ECUを外して送って頂かなくてはいけないので

その間、クルマが動かなくなります。

フラッシュエディターの場合は

①お買い上げ後、まずフラッシュエディターを発送しますので

 ご自分で車両と通信させ、そのフラッシュエディターを送り返してください。

(この間、クルマはまだノーマル状態ですが、普通に乗れます。)

②送られて来たフラッシュエディターに専用データーを入れ

 同じく専用データーを入れたブーストコントローラーと一緒に再発送します。

③ブーストコントローラーを装着し、フラッシュエディターから任意のデーターをインストールして下さい。

ブーストコントローラーにはノーマルブーストに瞬時に復帰できるパーツが付いていますので

ブーストアップしない状態で乗る事も可能です。

 

さらに費用面でも

フラッシュエディターを使わないECUセッティングと

ブーストコントローラー併用仕様を下回る様に設定します。

 

通常フラッシュエディター本体70000円なのですが

これに専用ブーストコントローラー35000円

フラッシュエディターへの専用データーのインストールと

ブーストコントローラーへの専用データーインストールを合わせて

合計168000円で提供致します。

(送料や消費税は別途、来店によるインストール代も別途)

 

フラッシュエディターを使わないECUセッティングと

ブーストコントローラー併用仕様の合計が188000円なので

フラッシュエディターと言うデバイスが付いて158000円ならかなり安いと思います。

自分でノーマルを含めたデーターチェンジも出来る事を考えれば

むしろこっちの方が人気出る?

 

HKSのSPEC-LⅡマフラーと

(もしくは同等の排気容量を持ったマフラーが必要ですが

 SPEC-LⅡより抜けの良いマフラーを現状で見た事が無いです。)

NGKのレーシングプラグが必須となるのは

フラッシュエディターを使わないECUセッティング&ブーストコントローラー併用仕様と同じです。

 

ボーナス支給を控えて、ウキウキワクワクしているZC33Sオーナーも多いと思います。

選択肢の一つとして

HKSフラッシュエディター&

ブーストコントローラー併用仕様によるECUチューン

如何ですか?

 

ただ、HKSのフラッシュエディター、前期の6MTにしか対応して無いんです・・・。

それなのに、勢い込んで10台分とか買い込んでしまったので

最初の5セット限定で、特価にて放出します。

価格は問い合わせフォームやLINEから直接お問い合わせ下さい。