CT9A ランエボ9MR クラッチ不良の原因は・・・

先日は各チューニング前の体力測定を行ったランエボでしたが

本来はクラッチ不良のトラブルシュートがメインの依頼内容

201551592825.jpg

ダイナから降ろして、いよいよ核心部分をバラしてゆきます。

当初、このクラッチを組み込んだお店に

「クラッチペダルの操作感がおかしい」

と訴えたときは

「社外のクラッチはこんなもんですよ」

と言われたそうですが、

うちのお店で何回も組んでいるATSのシングルカーボンは、こんなおかしなペダル踏力になったことはありません。

 

っで、原因判明

201551593129.jpg

見難いと思いますが、フライホイールの一部分だけにヒートクラックと接触面の不良が起こっています。

201551593410.jpg

 

カバー側も

201551593236.jpg

同じくヒートクラックと接触面不良

201551593346.jpg

 

 

カーボンディスクはやたらと擦り減っている部分と新品同様の部分の極端な差があり

201551593442.jpg

反り繰り返っています。

20155159363.jpg

 

カバーを組み付ける際、ボルトを均等に締めずに、1箇所からいきなり規定トルクで締めたんでしょうか・・・

組み付け不良ですね。

 

このクラッチを組んだお店としては

「社外のクラッチはこんなもんですよ」

との事ですので、

今まで組んだ社外クラッチはすべてこんな感じに組み付けをミスしているのでしょうね。

 

残念ながら、このクラッチ、もう使い物になりません。