あ~・・・ 折れた! いやっ、折れてた!!

タイミングベルトの交換作業を行っている

BNR34 GT-Rは

まずは邪魔な物を撤去して

カムスプロケットやウォーターポンプまでを一気に取り外します。

ここまで外す場合は

カムオイルシールやフロントクランクオイルシールまで交換してしまった方が

後々トラブルが出ずに良いと思います。

 

キレイに洗浄したら

バルタイ調整用のスライドカムプーリーを装着して

ベルト類を組んで行きます。

今回はヘッドガスケットの厚みも替えていないので

基本的にはINもEXも基準値を0度としておきます。

 

クランクプーリー等を装着し、ラジエターを再装着したら

クーラントを入れて

ヘッドからエア抜き・・・

んっ?クーラント出てこないぞ。

 

あ~

折れてる~!!!

 

マジかっ、どうやって救出するかな~

ボルトの頭だけがねじ切れたなら、まだレスキューしやすいのですが

先っちょが折れたとなると・・・。

 

まあ、そこは長年の経験と手持ちの道具を使い無事ボルトの先っちょを取り出しました。

幾つかの道具を使い捨てる必要はありましたが

ヘッドを降ろして裏から穴を開けて・・・と言う最悪の自体は免れました。

 

エンジンを始動させて、LLCの循環を確認したら

ブッシュがお亡くなりになっている、フロントのロアアームを新品に交換し

フロントパイプを

取り外したら

AFセンサーを常設する為のセンサーボスの溶接準備!

同時に

 

経年劣化でサイレンサーがダメになったマフラーを

HKSのスーパーターボマフラーに交換して行きます。

 

これが終わったらバルタイセッティングに入ります。