ZC33S スイフトスポーツ ECUチューン Step4&NewStep3販売開始!

先日のブログでお知らせした

ZC33S スイフトスポーツ用ECUチューン Step4&NewStep3ですが

実走行によるテストも終わり

正式に販売開始です!!

 

価格に関しては当初の予定通り

NewStep3 98000円

開発時のパワーはMAX204.7ps トルク35.4k

(オレンジのグラフ)

今までのStep3がMAX195.8ps トルク34.7kでしたので

パワーが上がったのに、プライスはダウンです!

 

Step4 158000円

今までのStep3に比べ、全領域でアップデートされたStep4

MAX206.6ps 36.8kを記録しています。

TCFは1.15にて測定、測定ギヤは4速です。

 

ZC33Sに関してはダイナパックでも3速で測定するお店もある様で

このRATIOと言う部分を見ると何速で測ったかが分かります。

 

数字的にはファイナルと測定ギヤ比を掛けたものですので

この数字をファイナルで割ってあげると、どのギヤ比だったのかが逆算でき

5.9は3速に相当します。

 

っで、試しに3速でStep4を測って見ました。

実線が3速、破線が4速

3速測定ではなんと211.3psまで数値が伸びました!

TCF1.15を1.0に戻しても183psと言う数値です。

 

まあ、数値がすべてではないので、ご参考までに・・・。

 

 

そして、すでに当社のECUチューンを施工してある場合のバージョンアップですが

どんな価格で導入したかにより、幾分バージョンアップの価格が変わりますので

(各キャンペーンで導入したor通常価格)

個別にお問い合わせ下さい。

 

 

更に現在進行中のサービスが

ノーマルECUとチューニングECUのツインECU仕様の提供です。

 

とあるオーナーからの申し出で

「Step4はとても魅力的だが

 ここまでのパワーは限られたシュチュエーションでしか必要無く

 普段は燃費を重視したデーターで走りたい。

 通常はノーマルECU、走る時はチューニングECUにする事は出来ませんか?」

 

まあ、確かに両方あったら便利なんでしょうが

ZC33Sに関してはパワーゲートも対応していないので

オーナーが任意にデーターを変更すると言う事が出来ません。

 

そこで、ECUをもう一つ準備して

片方にノーマルデーター、もう片方にチューニングデーターを入れれば・・・

って言っても、イモビライザーデーターがあるのでそんな簡単には・・・

 

まあ、色々乗り越えなければいけない壁はあるのですが

何とか、このイモビの壁は超えれそうです。

しかもイモビカットではなく

ちゃんとイモビを利かせた上でのツインECU仕様!

 

出来たら、画期的ですよね。

だって手元に純正ECUがあるんですよ!

 

多くは語りませんが

とある理由で、ECUのデーターをノーマルに戻したいって言う人、結構いるんです。

ん~、ディーラーとかに持って行くのかな・・・?

エンジンの調子が悪くなったら・・・笑

 

色んな意味で、ツインECUの使用を望む人もいるようなので

現在、テスト中です。

ちなみに純正新品のECUは定価78000円

HKSのフラッシュエディターが70000円前後なので

78000円でもう一個ECUを買って、それにノーマルデーターを入れておくのも

有りと言えば、有りなのかも知れませんね。