KF2P 新型CX-5 ECUセッティング可能になりました!

KE2系 CX-5はデモカーとして所有していた期間もあり

色々なセッティングを試しました

新型はKF2Pと言う型式になり、ECUも変更されているので

KE2系のデーターではECUチューニング出来ませんでした。

 

しかし

今回ECUチューンの可否が分からない状態でも良いので

ひとまず車両を預けます!と言うオーナーが現れてくれたおかげで

ECUの通信手段の確立テストを行う事が出来ました!

 

予想どうりKES系の通信方法ではIDの読み込みまでしかできず

ECUデーターの読み込みに至る事は出来ず・・・。

 

でもここで諦めるは嫌だったので

通信機器や通信手順を色々変更して見た結果

TactrixのOpenport2.0での読み込みと書き込みに成功!

 

これが出来ればあとはECUデーターの編集なので

成果の出るポイントを少しずつ変更して行きます。

 

ノーマルECU時

 

こんな感じのパワーとトルクでした。

これはダイナパックのグラフではなくデーターロガーからのデーターをベースに

車重や加速度を計算しパワーとトルクを表示する簡易DYNOと言うソフトの結果です。

 

4WD&ATのKE2をダイナパックに載せた時に

ありとあらゆるエラーが出て、セッティング後にそれを消すのに大変な思いをしたので

今回はダイナパックには載せず、このソフトにてビフォーアフターを表記します。

 

グラフ自体、まあまあボチボチ正確の様で

乗った感じの出力特性通りにグラフ表示されていると思います。

 

吸気にオートエグゼのエアクリーナーボックスが装着されているので

エアフロの出力電圧をモニターしながら、関係各所を調整して行くと

3000rpmで意図的にパワーが制限されていた部分が

4500rpm付近までキレイに上昇カーブを描くようになりました。

 

今回は最大トルクそのものはあまり上げないようにして

最大トルクの発生時間を増加させることで最大パワーの向上をさせたようなグラフになります。

 

計算上の数字ではありますが191psが238psまで向上し

実走行での確認時も3000rpm以上での加速感がかなり継続する様に感じました。

 

KF2P CX-5のECUチューニングも十分効果あり!だと思いますよ!!

 

お問い合わせやECUチューンのご依頼は

問い合わせフォームやスマホのLINEを送るボタンから

担当の浅田までご連絡下さい。