ベンツBMWやVW&AUDI 各車コーディング

日本車ではあまりなじみの無いコーディングと言う作業・・・。

輸入車は販売する国の規制や条件に合わせてプログラムを数種類用意して

そのプラグラムを選択する事で各仕様に合わせられるようになっています。

このプログラムの変更こそがコーディングと呼ばれる作業です。

 

メルセデスベンツではブーストの設定やスピードリミッターの設定なども

このコーディングで設定出来るようになっているのですが

今回当店が導入したSNAP-ONのコーディング機器では

そこまで深い内容の変更は出来ません。

 

対応車種は

フォルクスワーゲン

アウディ

メルセデスベンツ

BMW

MINIに加え

ベントレーとポルシェがコーディングできます。

(時間経過とともに随時増えて行くそうですが・・・)

 

今回は店のベンツAクラス A45-AMGに接続して

何がコーディングできるのか見てみました。

基本的にECUの深い部分には触れずに当たり障りの無い部分だけ・・・と言った感じですが

例えばこの日中のデイライト光量調整を行うと

日中の光具合を簡単に変更出来、人とは違った光らせ方をさせることが簡単に出来ます。

 

当店としてはコーディング専門店になる気はありませんし

やはりECUチューンそのものを重点的に行ってゆきたいので

深い部分のコーディングは追及しません。

 

この端末を使って行える部分だけをサラっと施工するのみです。

細かい設定を希望する場合はコーディング専門店にお問い合わせ下さい。

 

 

基本コーディング作業は12000円!

1か所増えるごとにプラス3000円!!

で作業したいと思います。

 

 

色々な車両と通信して見た結果、10年以上前の車両には対応していませんね。

ただ、まだどのクルマで何が出来るかは把握しきれていないので

実際にコーディング機器を繋いで見ないと

出来るかどうか分からない項目もたくさんあります。

 

それでも良ければ、お試しください。

 

お問い合わせや作業の予約は問い合わせフォームもしくは

スマホのLINEを送るボタンから、担当の浅田まで!!