ロータス エキシージ V6 350SPORT ECUチューニングデーター完成

先日、セッティング前のECU修理の様子をお知らせしたLOTUS EXIGE 350SPORT

各種ECUチューニングデーターが完成しました。

 

今回は最終的には現車セッティングのデーターを入れるのですが

一般販売用のSTEP1やSTEP2データーの構築の為

テストに使ってくれて良いよと寛大なお言葉を貰っていました。

 

まずは

現車合わせでセッティングしたサーキット走行用のデーター

CirucuitSpecialデーターとノーマルECUの比較です。

TCF1.2での測定でノーマルECU時361ps 45.1kだったエキシージは

カタログ馬力は上回りましたが

車重の軽いエリーゼSと比べると、もう少しパワーが欲しい所です。

そこで全域トルクアップを狙って作成したサーキット走行用データーでは

421ps トルク49.6kを記録!

兎に角、全域トルクフルです!!

 

続いてノーマルS/Cプーリーの限界を狙ったセッティングは

MAX430と言うデーター名が付けられ

427ps トルク51kと言う最大値を発揮します。

5000rpm以上での弾けるようなパワー感は圧巻です。

 

今回のオーナーには

ノーマルECUデーターとCircuitSpecialデーター、そしてMAX430データーの3つを入れて納品です。

 

続いてデーター販売を行う一般向けのパワーグラフですが

こちらも手は抜いてませんよ!

STEP1データーは回転に合わせたトルク向上型で

パワーは約410ps トルク48.5kになります。

 

全域トルクフルを狙ったSTEP2はトルクが低回転から盛り上がるので

どこからアクセルを全開にしてもクルマがグイっと前に出ます!

最大パワーは約420ps トルク48.9kです。

 

MAX430との比較は

 

こんな感じになります。

こうやってグラフを重ねると、今回納品されるデーターの特徴も良く分かると思います。

 

さて金額です。

LOTUS EXIGE 350SPORT V6 2GRE/Gモデル

STEP-1~現車合わせまでOKです。

 

VFオリジナルパワーゲート3 エキシージバージョンは

2GRエンジン搭載モデルから発売を開始し

端末代70000円(税別)です。

 

STEP1データーは80000円で端末とセットで150000円(税別)

STEP2データーは130000円で端末代と合わせて200000円(税別)で発売します。

 

現車合わせに関しては180000円のセッティング代と

マフラーを脱着した上でA/Fセンサー用のボスの溶接が必要となるので

235000円(税別)が端末代とは別に必要になり結構な金額になります。

 

そこでEXIGEに関してはしばらくの間、特別価格にてCircuitSpecialとMAX430データーを提供したいと思います。

とは言ってもSTEP2よリは高額ですし、現車合わせではないので車両的なリスクは高くなります。

それでも良い!と言う人は個別にお問い合わせ下さい。

 

 

VFオリジナル パワーゲート3端末を使えば

遠方のEXIGEオーナーの型でも通販が可能なので

当店のハイパワーデーターが試せます!!

2GRエンジン搭載のEXIGEオーナーの皆さん、いかがですか!