FK8 シビックタイプR Step3 STEP3-R ECUチューニング!

お待たせしました!

タイトル通り

FK8 シビックタイプRのECUチューニング

Step3とStep3-Rを正式にリリースします。

 

今回Step3シリーズの開発に当たっては

親交のあるホンダディーラーから車両を提供して頂きました。

ありがとうございました。

 

Step3に関してはプラグをNGKのレーシングプラグに替える以外は

ノーマル車両に対応しています。

 

マフラーは好みの物に替えてもらっても良いですが

エアクリーナーはノーマルがベターだと思います。

HKSのレーシングサクションやコールドインテークも試しましたが

エンジンチェックランプが点灯したり、それを抑える為のAFRを付けると

ブーストやエアフロ電圧をごまかされて正規のパワーが出なかったりと

散々な結果に終わっています。

なんとか辻褄を合わせてみても、パワーは純正エアクリーナーと同じぐらい・・・

だったら高額な投資金額を他のパーツに回した方が良いですよね。

 

唯一純正よりパワーが上がり、エアフロ周りにトラブルを起こさないのは

航空力学を応用したEVENTURI製のエアクリーナー

このエアクリーナーキットはきちんとツボを押さえていて良いと思います。

当店でもテストしましたが、不具合なくパワーアップします。

っが、高価なのと納期が結構掛かります。

 

Step3-Rに関してはHKSのインタークーラーに対応させていて

プラグはNGKのレーシングプラグが必須ですが

吸排気系はノーマルでも大丈夫です。

Step3同様、マフラーは好みの物に替えてもらっても良いですが

エアクリーナーはノーマルがベター

予算が許せばEVENTURI製がお勧めです。

 

HKSインタークーラーに対応させている

と言う表現をしたのは、必須ではないからです。

と言うのもHKSのインタークーラーは現在品薄状態で納期が2.3か月掛かります。

Step3-RにECUチューンしようと思っても

インタークーラーが直ぐには手に入らない。と言う状況は良くあるパターンです。

そこでECUの点火アドバンス機能を積極的に使う事で

ノーマルインタークーラーの際は点火時期を抑えめにして走行させ

インタークーラー導入後は吸気温度とノック状況を見ながら

ECUが自動的に点火を進めてくれることで

ある程度走行すると勝手にパワーが上がってくれるような仕組みです。

 

それでは皆さんお待ちかねのパワーグラフです。

まず今回の車両はレーシングプラグとインタークーラー以外はノーマルです。

細いグラフがインタークーラー導入前

太いグラフがインタークーラー導入後です。

TCF1.0で測定するとピークパワーで7psほど変わりトルクの立ち上がりが早くなるようです。

やはりノーマルECUではインタークーラーの性能を使い切るのが難しいようですね。

 

以前のテスト車両もそうでしたが、FK8はTCF1.1ぐらいでカタログ馬力になる様なので

設定をTCF1.1に替えて比較すると大体10psほどの違いが出ます。

今回も細いグラフがインタークーラー導入前

太いグラフがインタークーラー導入後です。

 

Step3をインストールすると

397ps トルク59.8kまでパワーアップ!

 

奇跡の1本ではない証拠として

ちなみに以前テストしたAPEXのフルエキゾーストを入れて現車合わせした車両と比べると

多くは語りません・・・。

これがStep3の実力です。

 

だったらStep3-Rはどうなっちゃうの?

これがStep3-RとHKSインタークーラーの実力です!

ノーマル時323ps トルク46.1kだったのが

432ps トルク63.6Kまでアップデートされます。

TCFに関して色々議論されることもありますが

肝心なのはビフォーアフターであって、結果の馬力だけを見てどうのこうの言うのではなく

何馬力だったものが何馬力にあがったのか?その差が大切です。

 

とは言う物の、一般的な測定係数TCF1.15でのグラフを見たくなるのも本心

452ps トルク67.4kです。

インタークーラーの性能を十分に発揮させていると思います。

 

さて気になるのはその値段だと思いますが

Step3 168000円

Step3-R 180000円

正直言って安くは無いです。

 

そしてこのStep3シリーズをインストールするに際しての制約が・・・。

もしデーターをノーマルに戻したり、データーをチェンジする場合は

通常のアプローチ代とは別にロックコード解除作業が必要になります。

データーを守る為、特殊なコードを組んでインストールするからです。

なのでStep3シリーズをゴールと決めるなら良いのですが

今後現車合わせや他データーにチェンジする事を考えているのであればお勧めできません。

 

金額的にもデーター的にもそれなりの覚悟が必要ですが

その覚悟を上回る結果が出ることには自信があります!

 

2019年最後のECUバリエーションは

FK8シビックタイプR用Step3&STEP3-Rデーターでした。

 

このデーターを含む、ECUチューンが

ウィンターキャンペーンとしてリリースされるかどうかは

本日夕方のブログを見て下さい。