W176メルセデスベンツA45-AMG ECUセッティング完了!

去年末にセッティングを開始したものの

お客さんのセッティングが怒涛のようになだれ込んできて

ダイナパックから早々に降ろされてしまったデモカーの

メルセデスベンツAクラス W176 A45-AMG

 

半日だけ開いたダイナパックを有効利用してセッティングを進めます。

 

突貫ではありますが、A45に積まれたこのエンジン制御の特性が何とか把握出来て

前回はこんな感じのグラフまでしか出来なかったのを

こんなグラフに変えることができました。

前回セッティング時のグラフはグレーで、ノーマル時は破線

今回セッティング完了時が赤色のグラフです。

ブーストの立ち上がりを少し中速域中心にすることで3000~5000rpmのトルクアップに成功しています。

 

分かりやすくノーマルと比較すると

こんな感じの違いです。

最大パワーも前回406psだったのが今回は409psで、トルクは55kオーバーです。

 

ダイナパックから降ろして、実走確認を行って見ると

通常使用域のトルク感が非常に強く前面に押し出され

ノーマルのA45に乗った際に味わった感動が、ECUチューンでさらに凄みを増しました。

 

このトルクとパワーを2.0Lエンジンで出力するあたり

さすがはAMGと言った感じです!

ちなみにこの車両、エアクリーナーはもちろんマフラーも触媒もノーマルのままで

ECU以外はどこも弄っていない車両です。

エアクリーナーをもっと抵抗の少ないものにして

ダウンパイプとキャタライザーを高効率に変更すれば、もっとトルク&パワーアップするでしょうね。

 

ひとまずA45-AMG用ECUチューニングデーターとしてはこれで完成です。

価格表通り、このデーターは200000円になります。

現車に施工する場合はECUハーネスアプローチ代として30000円必要になります。

 

A45は205系C63Sとは異なり、ECUの取り外しは非常に簡単なので

ご自分で取り外したECUを送ってくだされば

現在発動中のECUスプリングキャンペーンの対象にもなるので

今なら140000円にて施工する事が可能です!!

現車合わせセッティングを希望される場合は250000円~となります。

 

前回のブログにもアップしていますが

今回のこのW176 A45-AMGもOBDポートからのデーター書き換えを行っていて

以前の様にECUの蓋を開ける必要はありません。

通販の場合もECUは分解せずにデーターインストールが可能です。

 

同じ系統のECUを使っている

205系C63Sも、OBDからの書き換えが可能ですので

以前頂いていたECUアプローチ代の15万円は

現在ECUハーネスアプローチ代30000円へと値下げされています。

 

この機会に205系C63S-AMG W176系A45-AMGのオーナーの皆様

当店のECUチューンを試して見ませんか?

お問い合わせは、問い合わせフォームもしくはスマホのLINEを送るボタンから

担当の浅田までお問い合わせ下さい。