JZX100チェイサーGCGタービンの威力発揮!低ブーストでもOK!!

先日の作業でタービンブローが発覚したJZX100チェイサーですが

取り外したタービンを触って見ると・・・

装着後まだいくらも走行していないと言うこのタービン

この手の話を最近よく聞きます。

 

ショップオリジナルと謳われる場合が多いのですが、出元(製造元)は国内では2か所か3か所です。

加工後すぐに装着しても、想定パワーに届かないとか

装着後すぐにスラスト方向にガタが出て異音がする。

などの苦情をよく耳にします。

今回も完璧にそのパターンにハマってますね。

 

残念ながらクレームでどうこうなる物ではないので、今回は潔く

GCG製のGT3067Rタービンを純正ハウジングに埋設したタービンを装着します。

 

実際に装着してしまうと

見た目には

このプレートぐらいしか目立ちませんが

センターカートリッジはまんまギャレット製なので

オイルリターンもウォーターホースも新設する必要があります。

がっR35用とは違って、すべてキットに付属されています。 

 

LINKに常設されるA/Fセンサーも元々上向きに装着されていて

発生する水蒸気でセンサーが死にかけていたので

純正O2センサーと同じように下向きに溶接し直しました。

 

さて、これで

セッティングの準備万端です!

 

ある程度のAFRと点火を決めたらLOブーストを決めるのですが

今まではボタンを押すとLOだったものを

逆に設定し直してONでHIブーストになるように変更

 

ブーストが決まったら

EX側のバルタイ調整です。

EX側バルタイのみで、ここまで特性が変わります。

やる意味ないよ!なんていうチューナーも稀に存在しますが

設定変更後のパワーチェックとか、見た事無いんですかね・・・。

 

EX側が決まったら、今度はIN側VVTIを調整しながら

一気にHIブースト側のセッティングも進めます。

ヘッドガスケットを含めE/Gはノーマルなのでブーストの上昇はあまり行わず

最大出力発生ポイントのブーストはHIで1.05k LOで0.95kですが

ブーストHIで341ps トルク44.6k

ブーストLOで324ps トルク42kです。

タービンが変わっているので、単純な比較は出来ませんが

今年の3月にハイフロータービンにてセッティングしてもらったときには

TCF1.0設定の他店測定で

ブーストHI 309ps トルク43k

ブーストLO 300ps トルク39.8kだったとの事なので、今回はまずTCF1.0で測定しました。

 

その後、JZX100では当店での測定係数となるTCF1.2にて再測定

ブースト1.1k掛けずにこのパワーなら、かなり優秀だと思います。

ヘッドガスケット変えて、ブースト1.5kとか掛けたらかなり良い感じになるんでしょうね。

 

実走セッティングに移行して、仕上げて行こうと思ったら・・・

あらら、こんな所にも落とし穴が・・・

それはまた別の機会に