デモカーZC33Sスイスポ タービンをHKSのGT3に戻して…。

真夏のクソ暑い時にHKSマフラー+ECUオンリーで極限までパワーを絞り出したり

今度はマフラーさえノーマルに戻されて、これまた極限までパワーを絞り出させられた

デモカーのZC33Sは、またもやECUを取り外されてこちょこちょ弄られてます。

 

手前ではセッティングを終えて、STEP2データーの完成したエスクード

ダイナパックから降りるのを待っているのですが

ECUは2台とも全く同じなんですよね~。

分かる様に型式でも書いておかないと、どっちがどっちだか分からなくなります。

 

ECUのハード的には同じですが、中に入っているデーターは別物で

制御の方法も若干異なる部分があり、そのままペタっとコピーしたのでは

全くダメダメな事は昨日のブログで書いている通りです。

 

っで、なぜZC33SのECUが取り外されているかと言うと

タービンを純正タービンからHKSのGT3に変更し

キャタライザーを

HKSの車検対応モデルに

交換し、2次排圧をもう少し下げることが出来れば

1次排圧も下がって、もっとパワー上げられるんじゃ・・・?なんて事を企んでます。

 

附属の

  

フロントパイプも

バンテージを巻いて、少しでも排気流速を確保した状態で排気を抜いてあげようと!!

 

もちろんマフラーはHKSのスペックLに戻して

HKS GT3タービンの限界を探って行きます!