輸入車ECUチューン拡大の為ALIENTACH-JAPANの代理店になりました!

すでに数件のお問い合わせを頂いていますが

主に輸入車ECUチューンの対応車種と対応レベルを拡大する為

ALIENTECH-JAPANの代理店業を行う運びとなりました。

 

これにより今までお断りしていたベンツやマクラーレン

ポルシェやフェラーリのECUセッティングの幅がひろがりました。

 

もちろん今までと同じように

AUDI&VWのVAG車両のECUセッティングは施工可能ですし

今までより、より深い場所までセッティングが可能ですので

社外の補機類を装着した車両でも対応出来ると思います。

 

手始めとして

メルセデス ベンツ W246 B180を

パワーチェックしながら

ECUデーターと通信して見ました。

まずはフタを開けるのが難関ですね。

通信が出来てもプロテクトの関係でデーターが吸い出せないと言うお店が多いようですが

プロトコルが適合したようで、データーの読み出しは出来ました。

 

エンジンは1600ccのターボでノーマルは122psと言う

いわゆるダウンサイジングエンジンです。

実際に乗って見ると、街乗り領域は十分なのですが

高速道路等だと、もう少しパワーが欲しいなっと言う場面があると思います。

 

そこでデーターをごにょごにょ弄りまして

ノーマル時125ps トルク20.9kだったのを、157ps トルク27.5kまで上げてみました!

読み出しだけじゃなく書き込みもOKって事です。

っにしても、カタログ馬力122psに対して、TCF1.0で125PSはとても優秀ですね。

国産のエンジン開発者にもぜひ見習って頂きたいです。

 

このように、今まで取り扱い出来なかったメルセデスベンツも

ECUチューンが出来るようになった証明になりました。

 

国産車に比べ輸入車は特にECUチューンの効果が高いと言われています。

実際にデーターを変更して見ると、単なるうわさではなく本当にパワーの上がり代が多いです。

 

対応車種が非常に多く、グレードや仕様によっても出来る出来ないがありますので

友だち追加

お気軽にお問い合わせ下さい。

 

当店のLINE@は営業時間内であれば1:1トークに対応していますので

こちらからの一方通行の情報発信だけではなく

問い合わせに直にお答えする事が可能です!

 

営業時間外であっても、メッセージは受付可能ですので

お気軽にどうぞ!