RB26 カムクリアランス調整のシム待ちの間にタービンとインマニを仮付け

先回のブログでは腰下と腰上がバラバラだったBNR32用RB26でしたが

N1ブロックにフルカウンタークランクとI断面コンロッド

HKSのVcamSTEP-PRO専用の鍛造ピストンを組込み

オイルパンを装着!

強化オイルポンプや

新品のウォーターポンプも

装着されています。

 

腰上は

各部の仮組を経て

ブロックに

 

合体させ

カムを載せたら

クリアランスを測ります。

残念ながら手持ちのシムではクリアランスが広すぎるので

シムが入庫するまでの間に、インマニと

タービンを

仮組してみました。

やっぱりシングルタービン&シングルススロットルは最高ですね!

 

ちなみにこの部分

アルミが粉を噴いて真っ白になっていましたが

ウェットブラスト処理したら、かなりキレイになりました。

 

シムが入庫するまでしばらく待ちとなります。