CT9A ランエボ8 バルタイ測定

HKSのハイカムとスライドカムプーリーを組み込んだCT9A ランエボ8

基準バルタイ通りになっているかを確認します。

HKSのハイカムはIN274度 EX278度で

基準バルタイは最大リフト時 IN側 110度 EX側110度 との事

2017626164527.jpg

そのまま組み付けるとオーバーラップが56度で

それぞれのカムの開きや閉じは上の図の様になります。

 

今回のオーナーの希望に合わせようと思うと

201762617920.jpg

机上の計算では、こんな感じにしてみようと思っています。

 

まあ、あくまで机上の計算なので最終的には実際にダイナパックを回しながら

バルタイのセッティングをすることになるのですが

まずは机上で計算し、思った通りになればそれでOKだし

そうならなかったらなぜ?ならなかったかを考えるのが

今後のノウハウとして蓄積されて行きます。

 

そして、実際にバルタイの測定

2017626171338.JPG

ダイヤルゲージをプラグホールに入れて、1番ピストンの圧縮上死点を割り出し

2017626171419.JPG

円周分度器のゼロ点を合わせたら

2017626171450.JPG

今度はリフターをダイヤルゲージで測定して、最大リフト時にバルタイが何度になるのかを読み取って行きます。

こうする事で基準値がはっきりとし、スライドカムプーリーでを何目盛りズラしたら

実際のバルタイが何度になっているのかが明確になります。

 

さて、エンジンを始動させ

バルタイセッティングとLINKのG4+のセッティングに入ります。