ホーム>WORKS GALLERY>Z33 Z34 クラッチ周りのトラブル 原因のCSC
WORKS GALLERY

Z33 Z34 クラッチ周りのトラブル 原因のCSC

Z33 Z34 クラッチ周りのトラブル 原因のCSC

HRのZ33やZ34でよくあるトラブルがクラッチペダルが戻って来ない!

今回はZ34での症例


クラッチマスター死亡?なんかな~って悩んでいたら
ネココーポレションの金子社長から

「Z34でクラッチレリーズのトラブルは定番中の定番、知らん方がオカシイ!」

とお叱りを受けまして・・・

後出しじゃんけん的に色々と調べてみると
出てくるわ 出てくるわ
純正のCSC
2015615145040.jpg
とか言うクソみたいなレリーズベアリング直押しシステムのトラブル

あ~ 皆さん すでにトラブルを多々経験済みだったんですね。
知りませんでした。

もともとはマーチに採用されたシステムらしいのですが
それをそのままZ33のHRから流用しているみたいです。

だからこんなに造りがチャチなんだ
レリーズベアリングの後ろプラスチックだし・・・

あまりの トラブル多発にメーカーから対策品が出ているらしいので
日産ディーラーの勤め人数人に

「対策品 のCSCってどうなの?」

って聞いたら

「クソはどう対策してもクソには変わらん!」

と言う厳しいお言葉
身内にそう評価されてしまっているのであれば、それが事実なんでしょうね~

対策品を使ってもフルードをDOT4や5.1に替えても、
エアーを噛む症状は一向に直らず
最悪はCSC内のオイル封入部分がベルハウジング内で破裂して
クラッチからフライホイールから一式でパーにしてしまうそうです。

そこでこのCSCと言うシステム自体を無くしてしまうのが
ATSさんのクラッチキット
2015615145128.jpg
しかし、このクラッチにはクラッチなりのトラブルが報告されていまして
ショップさんによっては、
「このクラッチキット自体が使い物にならん!」
と言う意見がある程

じゃあ、どこがどうダメなのか?

調べてみたところ、新設するピボットの台座
2015615145150.jpg
ここが曲がったり、折れたりしてクラッチが切れなくなるらしい。

でも、それは台座がアルミ製だった時の話
現状は
201561514526.jpg
スチール製に変更され対策が施されています。

このクラッチキットを使ってZチャレに参加していたショップにも
トラブルの有無を聞いてみましたが、

「まったくもってノントラブルだよ」

との事

両方ともデメリットがあるのは承知でそれぞれを天秤にかけてみました。

対策CSC・・・
もしベルハウジングの中で破裂したら、
クラッチやフライホイールもゴミになる。
高額な社外クラッチでも組んでいたら、それこそ目も当てられない状況になる。
対策済のCSCを組んだ車両でもエア噛みの症状は頻発している模様

ATSクラッチ
ピボット部分の台座にトラブルが発生→クラッチが切れなくなる。
ただし、ベルハウジング内でクラッチフルードが飛び散ることは無い
さらに、最近の対策済のキットはトラブルの報告を聞かない

天秤に掛けるまでもなく、ATS採用です。

LATEST NEWSALL VIEW

  • 2017.04.23

    4月23日 日曜日は走行会開催の為、臨時休業致します。

  • 4/23走行会用協賛品 続々入荷!申込枠、空有り!!の画像
    2017.04.20

    4/23走行会用協賛品 続々入荷!申込枠、空有り!!

  • 平成29年4月23日 日曜日 YZサーキットにて走行会開催!の画像
    2017.02.26

    平成29年4月23日 日曜日 YZサーキットにて走行会開催!

  • 2016.12.27

    年末年始のお知らせ

BLOG&EVENTALL VIEW

  • 黒86 2台のフロントストラット周りの違いの画像
    2017.06.23

    黒86 2台のフロントストラット周りの違い

  • R35 GT-R GR6ミッションバージョンアッププログラムの画像
    2017.06.23

    R35 GT-R GR6ミッションバージョンアッププログラム

  • RR1 エリシオン フロントロアアームのブッシュ交換の画像
    2017.06.22

    RR1 エリシオン フロントロアアームのブッシュ交換

  • CT9A ランエボ8 LINK G4+装着の画像
    2017.06.22

    CT9A ランエボ8 LINK G4+装着

ページトップへ