コンテンツ

パワーチェック料金

ダイナパック製のシャーシダイナモを使用することで、きちんと負荷をかけた状態でのパワーチェックが可能です。

VVTIやNVCSなど、可変バルタイの作動ポイントや不具合などもすぐに発見でき

ローラー式では見落としがちな、トルクの変動も手に取るようにグラフ化できます。

 

ただ、現状はECUセッティングにて使用中の場合が非常に多く

パワーチェックのみのお問い合わせには、その都度返答してきましたが

しばらくの間はダイナックによる

パワーチェックのみに対応する時間を取ることが難しいと判断し

パワーチェックのみの受付を当面の間、お断りいたします。

ご迷惑をお掛けしますが、よろしくお願いします。

 

セッティング時にダイナパックを使ってパワーを測りながら進めることは

今まで通り可能ですので、下記のパワーチェック料金をご参照ください。

20161226131614.jpg