MR-S エアフロトラブル修理

フィードバックエラーの出てしまうトラブルで入庫したMR-S

 

エンジンを2ZZに載せ替えてあるものの

CPU&ハーネスもノーマル2ZZ用に載せ替えられていす。

 

っが、エアフロが挿さる部分は

201551495112.jpg

ワンオフっぽい、サクションに交換されています。

内径を測ると純正サクションよりも7mmほど大きいようです。

(純正品の現物が無いので、正確な純正内径が分かりませんが、資料からの逆算です)

 

たった7mmと思いますか?

直径65mmの断面積と直径72mmの断面積

その差はいくつになるか計算してみて下さい。

 

パーセントにして22.7

 

エアフロ内径が大きくなっていると言うことは、今までと同じ吸入空気量であれば

エアフロ電圧はどうなると思います?

その電圧をベースにフィードバックが入れば、どう補正されると思います?

 

その補正値には上限値、下限値が設けられているので、

一定期間以上 閾値を超えた状態が続けばフィードバックエラーとなるわけです。

 

社外のフルコンが入っていればVQをキャリブレーションすれば良い事なのですが

今回は純正CPUを使いたいとの事だったので

201551495725.JPG

純正同等の内径になるようにスリーブを製作

 

診断機にてフィードバックの様子をうかがってみます。

201551495810.JPG

水温が60度を超えた辺りからフィードバックはCLOSED LOOPに入り

補正値は6.2%

 

201551495927.JPG

アイドリングにて水温が87度まで上がって、補正値は9.3%

エアフロ内径 まだ若干太かったかな?でも、エラーになるような数値ではありません。

 

201551410117.JPG

実走後のアイドリングで13.2%まであがるものの、その後9~5%付近で落ち着きました。

 

一度これで様子を見てみたいと思います。