MOTEC M150@ZN6 86Ver M1TuneではA/Fの表示が全く不正確な件

先週から悩みに悩んでいる

2016918141938.jpg

86のセッティング@MOTEC M150

 

CPUのセッティングは進みませんが

2016918142040.JPG

エアロは進化しました。

 

鈴鹿本コース走行の為

2016918142122.JPG

アンダーデュフェーザー上に新設されたカナード?が凶悪の極みで

このクルマの周りを歩くときは、下を見ながら歩かないと

エアロに足首をぶつけます・・・

 

MOTEC M150はM1Tuneと言うソフトで動かすのですが

当然A/Fの表示はソフト上で確認出来、ログも取れます。

しかしそのA/Fを基準にセッティングを進めていくと、どうにもA/Fリーンと思われる症状が発症します。

なんどやっても同じ結果なので

2016918142455.JPG

フロントパイプに

2016918142519.JPG

A/Fセンサー用のボスを3つ溶接して

201691814265.JPG

1本はMOTECにLTC(Lamda To Can)接続したA/Fセンサー

1本はHKSのA/Fセンサー

もう一本はイノベート製のA/Fセンサーを取付し

2016918143024.JPG

それぞれの数字をモニターしてみました。

 

ダイナパックの回転固定モードを使用して

3000RPMと3500RPMでのアクセル全開時のA/Fを見てみました。

ご覧のようにイノベートとHKSはほぼ同じ数値を示すのに、MOTECでは全く違う数字を表示します。

これだけ濃く表示された数字をベースにセッティングしてしまうと

(おおよそ2ぐらいのズレがあるので)

目標A/Fを11.5にしていたつもりが、実は13.5だった!なんて言うシャレにならない現実がある訳でして・・・

 

国内ではM150によるセッティングはまだ事例が少ないようですが

LTC接続時のキャリブレーション方法に特別な設定があるのか等

詳細をご存知の方がいらっしゃいましたらご連絡いただけないでしょうか

↑ 自己解決済です。