4ポート式ソレノイドバルブによるブーストコントロール

ブーストソレノイドと言うと

純正が採用する安価な2ポート小容量タイプから

一般的な3ポートタイプに加えて、最近は4ポートなるものがあります。

名前の通り、ポートが4つあるのですが

通電時のポートの開き方に特徴があるので、実際に通電して

圧縮空気を入れながら、どんな動きになるのかを現物で確認します。

ん~逆流等は一切なく、完ぺきにクロスします。

 

っとなると、どうやって配管すれば一番スマートに制御出来るのか?

さらにはブーストの立ち上がりを優先する場合はどうすればベストか??

 

机上で考え過ぎると、結局 机上の空論って事にも成りかねないので

実際に装着して、疑似エアーを送って試して見ると

これなら恥ずかしくないなって言う配管方法にたどり着きました。

 

この4ポートと今回の接続方法があれば

 

二つの圧力室を持っているアクチュエーターの制御も出来る訳で

勢いで買ったものの

制御できる市販のブーストコントローラーに巡り合うことが出来ず

部品棚のてっぺんでほこりをかぶっていた彼のやる気が込み上げてきたものと思われます。