ホーム>WORKS GALLERY>R35 GT-R ハイブースト時のA/F 極薄症状
WORKS GALLERY

R35 GT-R ハイブースト時のA/F 極薄症状

R35 GT-R ハイブースト時のA/F 極薄症状

いろんな人を巻き込んでトラブルシュートする事になった
R35 GT-RのA/Fが急激に薄くなる症状



ブーストを徐々に上げてゆくと、ある一定のブースト圧を越えたあたりから
A/Fが一気に13.8とか言う、心臓に悪影響を与えそうな数字に豹変します。

ROMのプログラムに問題があるのかと、色々と試して行くものの
疑わしい部分を一つ一つ書き換えてみても、結局根本的な解決にはいたらず・・・

最終的に疑わしいのは燃料ポンプかな?という事で
燃圧をチェックしてみることに

ただ、R35 GT-Rは燃料ホースが特殊でパイプとホースはカシメてあります。
接続部分はエンジンルーム内までワンタッチカプラーに変更されているので
ホースをぶった切ってアダプターをねじ込むことが出来ません。

そこで、ワンタッチカプラーのアダプターを利用して

燃圧取り出しホースを製作!

これでR35の燃圧もサクッと測れるようになりました。
ヒントとパーツを紹介して下さった
ネココーポレーションの金子総帥、ありがとうございました。

早速燃圧の確認
レギュレーターの負圧ホースを外さない状態で

お~、思っていた以上にハイプレッシャーですな

レギュレーターに大気圧を入力すると

イニシャル燃圧3.76k前後ですか~
かなりのハイプレッシャー仕様なんですね。

と言うことは、ブーストを1.5k掛けると
理想燃圧は5.26k!?

ポンプによってはリリーフが開きますね。

実際このクルマH〇Sの燃料ポンプが入っていますが・・・
燃圧が4.7k付近まであがった直後、
一気に燃圧が3.0kぐらいまでドロップしてました。

これが原因か~
ハイブーストなR35にHKS製の燃料ポンプは使えない
もしくはイニシャルの燃圧を下げて使う必要があるんですね

燃圧だけで考えたら、ブースト1.5kでも耐えてくれる純正の方が・・・
それは言っちゃいけないのか・・・

LATEST NEWSALL VIEW

  • 2017.04.23

    4月23日 日曜日は走行会開催の為、臨時休業致します。

  • 4/23走行会用協賛品 続々入荷!申込枠、空有り!!の画像
    2017.04.20

    4/23走行会用協賛品 続々入荷!申込枠、空有り!!

  • 平成29年4月23日 日曜日 YZサーキットにて走行会開催!の画像
    2017.02.26

    平成29年4月23日 日曜日 YZサーキットにて走行会開催!

  • 2016.12.27

    年末年始のお知らせ

BLOG&EVENTALL VIEW

  • 黒86 2台のフロントストラット周りの違いの画像
    2017.06.23

    黒86 2台のフロントストラット周りの違い

  • R35 GT-R GR6ミッションバージョンアッププログラムの画像
    2017.06.23

    R35 GT-R GR6ミッションバージョンアッププログラム

  • RR1 エリシオン フロントロアアームのブッシュ交換の画像
    2017.06.22

    RR1 エリシオン フロントロアアームのブッシュ交換

  • CT9A ランエボ8 LINK G4+装着の画像
    2017.06.22

    CT9A ランエボ8 LINK G4+装着

ページトップへ