SE3P RX-8

SE3P RX-8 純正コンピューター書き換えセッティング

CAN通信を採用したSE3P RX-8は FD3Sとは違い様々な制御をメインCPUにて行っています。

その為、安易にサブコンなどを装着すると場合によってはパワーが落ちると言うことも有ります。

ターボキットを組み込む場合は、メインコンピューターだけでは制御のチャンネルが足りないので

必然的にサブコンを追加する形になりますが、

それでもメインコンピューターでの制御をきちんと行うか 行わないかでフィーリングは変わってきます。

2015216154622.jpg

NAのままロータリーらしい回転の伸びを楽しむのも

ターボを組んでトルクフルな加速を楽しむのも

2015216154740.jpg

キチンとしたセッティングをして初めて実現します。

 

価格はこちらから

 

RX-8のコンピューターセッティングは

純正書換えにも対応した 愛知県岡崎市のビークルフィールドへどうぞ!