R35 GT-R

デモカー R35 GT-R

201582013542.jpg

色々なパーツのテストや新技術の導入試験等

ユーザーカーにフィードバックできる技術を蓄積する為

日々鞭打たれているR35 GT-Rです。

 

現状は

201582013718.jpg

GCGとコラボして作製した

R35 GT-R専用 GTX3067Rタービン

を排気量は3.8Lのままで回して

201582013846.jpg

870ps トルク126.7kを発揮しています。

しかもSARDの触媒を装着した車検対応車両です。

ワンオフのカナードで厳つい顔をしていますが、このカナードも車検対応品で

実際に陸運局での持込み車検に合格しています。

 

ブーストの立ち上がりを見てみると

2015820124624.jpg

3500rpmで1.2k 4100rpmでフルブースト1.9kまで立ち上がります!

 

ただし、ポン付けなのはタービンだけで、

オイルラインとウォーターラインはすべてワンオフで製作する必要があります。

2015820124838.jpg

その為、価格的には純正タービン下取りで90万円弱のセットになってしまうと言うデメリットがあります。

 

しかし、価格以上の性能として

中間域の圧倒的な加速力

低速のトルク、ピークパワーの維持

等、すべてにおいて自信を持っておすすめできる

ストリート最強タービン

だと思っています。

2015年8月の段階では、このタービンを装着しているのは全世界でビークルフィールドのデモカーだけです!

どんな加速をするのか、気になる方は是非試乗してみてください。

 

クルマの仕様は

エンジン&パワー関連

HKS 強化コンロッド&鍛造ピストン

JUN ハイカム&強化バルブスプリング&チタンリテーナー

GCG R35専用 GTX3067Rタービン&ワンオフライン

トラスト ハイフローサージタンク

トラスト Φ80サクションパイプ&インタークーラーパイプ

トラスト TYPE29 インタークーラー

SARD 強化燃料ポンプ&900ccインジェクター

SARD メタルキャタライザー

APEX RSエボリューションマフラー

ビークルフィールド オリジナルセッティングECM&TCM

 

足回り

ビークルフィールド オリジナルダンプトロニック対応車高調サスペンション

RAYS VOLK G25 ショップ専用オフセットタイプ

ハンコック RS-3 前後285/35-20サイズ

 

エクステリア

フェニックス エアロパーツ

ガレージ小林 ワンオフツインカナード

ワンオフ加工フロントアンダーデュフェーザー

 

インテリア

BRIDE 運転席クーガ JAPAN

BRIDE 助手席ヴォルガ JAPAN

こんな感じになっています。

 

このGCG GTX3067Rタービンの前に使用していたのが

2015820125315.jpg

沖縄のスピードボックスさんに作ってもらったVF800R KAIⅡタービンです。

インテークに11枚のビレットブレードを使用し、

排気側のカットバックとハウジングクリアランスを絶妙に調整したポン付けタービンです。

こちらはオイルラインもウォーターラインも純正がそのまま使えるので価格的にはリーズナブルです。

パワーも

2015820125748.jpg

820ps トルク115kを発揮出来るので(青いグラフがVF800R KAIⅡ 茶色はGTX3067R)

リーズナブルにタービン交換したい人にはお勧めのタービンです。

 

さらに前の仕様のブーストアップでは

2014122611653.jpg

フルブースト1.6k→1.05k時 676ps トルク102.5k

通常ブースト1.5k→1.0k時 657ps 95.9k

こんな感じでした。

 

所有8年目になりますが、まったく飽きのこないクルマです。

2015218153046.JPG

2015218153131.JPG

 

R35 GT-R ブーストアップからフルチューン車両までセッティングOK

当店で入庫率が一番高い車種と言えば、断トツにR35 GT-Rになります。

R35が販売されてから2年後にデモカーを導入したので、

遅れた経験値を取り戻そうと貪欲にデモカーを弄り倒してきたことが現在の結果に繋がっています。

 

エンジン4.1L仕様やウェストゲートフルタービン仕様なども制作してきましたが

現在のデモカーはバランスのとれた、3.8Lエンジン&GCG GTX3067Rポン付けタービン仕様です。

2015820124336.jpg

3.8Lのままですが、ブーストの立ち上がりの良さを何よりも大事に制作した

GCG R35専用 GTX3067Rタービンにより

2015820124512.jpg

870ps トルク126.7kを発揮しています。

 

ブーストの立ち上がりを見てみると

2015820124624.jpg

3500rpmで1.2k 4100rpmでフルブースト1.9kまで立ち上がります!

ただし、ポン付けなのはタービンだけで、

オイルラインとウォーターラインはすべてワンオフで製作する必要があります。

2015820124838.jpg

その為、価格的には純正タービン下取りで90万円弱のセットになってしまうと言うデメリットがあります。

 

しかし、価格以上の性能として

中間域の圧倒的な加速力と低速のトルク、ピークパワーの維持等

すべてにおいて自信を持っておすすめできるストリート最強タービンだと思っています。

2015年8月の段階では、このタービンを装着しているのは全世界でビークルフィールドのデモカーだけです!

どんな加速をするのか、気になる方は是非試乗してみてください。

 

このGCG GTX3067Rタービンの前に使用していたのが

2015820125315.jpg

沖縄のスピードボックスさんに作ってもらったVF800R KAIⅡタービンです。

インテークに11枚のビレットブレードを使用し、

排気側のカットバックとハウジングクリアランスを絶妙に調整したポン付けタービンです。

こちらはオイルラインもウォーターラインも純正がそのまま使えるので価格的にはリーズナブルです。

パワーも

2015820125748.jpg

820ps トルク115kを発揮出来るので(青いグラフがVF800R KAIⅡ 茶色はGTX3067R)

リーズナブルにタービン交換したい人にはお勧めのタービンです。

 

このタービン交換仕様になる前は、純正タービンのブーストアップ仕様で

2014122611653.jpg

フルブースト1.6k→1.05k時 676ps トルク102.5k

通常ブースト1.5k→1.0k時 657ps 95.9k

を記録していました。

 

純正タービンの特性を理解して、VTCをセッティングする事で

トルクを100k代に載せることが可能で、ストリートであればエンジンノーマルでもなんとか持ちこたえてくれます。

(サーキットでトルク100k超えは、エンジン内部の強化が必須となります。)

 

このように取り付けられているパーツのメリットを引き出すようなセッティングを行う事で

R35の本領を発揮させることが可能となります。

 

書き換えのツールとしては

2015216171043.JPG

純正CPUデーター書き換えを始め

イギリスのECUTEK社のインストールツールを使用して

ブーストコントロール機能やマルチマップシステム、

クルーズコントローラーによるブーストコントロール機能などを付加させることも可能です

ただしECUTEKの場合は初回ライセンス代とインストール代金として73500円が必要となります。

 

お値段は

リミッターカットのみ 52500円 現在取り扱っておりません。

ダイナパックを使わないファインチューンデーター 82000円

ダイナパックによるブーストアップセッティング 180000円

タービン交換等ハードチューンセッティング 230000円~

 

もちろん、MT用のCPUの書き換えも可能で

各モデルデーター入力と

MTCPU内スピードリミッターカット 70000円

 

最近 発症率の高い、ミッションCPU内のデーター破損による不具合や

各ギアに入らなくなってしまうような症状に対応したMTCPUデーターリセット作業も行っております。

 

R35 GT-Rのセッティングでお悩みでしたら

デモカーに試乗可能な愛知県岡崎市のビークルフィールドへ是非お越しください。