ホーム>セッティングブログ>BNR32 GT-R ピストントップ&ヘッド洗浄
セッティングブログ

BNR32 GT-R ピストントップ&ヘッド洗浄

ヘッドをばらして、各部洗浄に入ったBNR32 GT-Rですが

見た目以上にオイルスラッジがひどく

2018112144952.JPG

サラっと掃除するだけでは全くキレイになりません。

 

ピストントップも

2018112145045.JPG

かなり頑強なカーボンが堆積していて、圧縮比上がってたんじゃ・・・と言うレベルです。

 

中古車の場合、前オーナーがどんなオイル管理をしていたかによって

エンジンのコンディションはかなり変わってしまうので

購入時は正直イチかバチかと言う感じになってしまいますね。

 

今回はエンジンOHまでは行いませんが、折角ヘッドを降ろしたので

2018112145335.JPG

まずピストン側は専用の洗浄剤と気合と根性で

2018112145415.JPG

ここまでキレイにしました。

これでカーボンによる圧縮比向上は無くなったと思います。

 

ヘッド側も

2018112145518.JPG

1回目の洗浄ではそこそこのレベルにまでしかキレイにならなかったので

もう一度分解洗浄して

2018112145620.JPG

燃焼室側もこのレベルまでキレイになりました。

2018112145729.JPG

カム側も納得の行くレベルまでキレイになり

201811214586.JPG

ウォーターポンプが装着される部分もしっかりと面出しを行い

LLC漏れが起きにくいようにしてあります。

 

言葉で書くと簡単ですが、ココまでキレイにするには

地味で根気のいる作業を丸二日行う必要があります。

ヘッドセミオーバーホールと言った感じですね。

 

オイルの銘柄は特に指定しませんが、それなりにしっかりとしたオイルで

走行5000㎞前後、もしくは半年のどちらか早い経過期間に1回のオイル交換を

定期的に行ってもらえば、ここまでスラッジが堆積する事はありません。

 

折角、大金をつぎ込んで製作したエンジンも

メンテナンスをしなければその性能はどんどん落ちてしまいます。

 

オイル交換、ちゃんとしてますか?

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://www.vehiclefield.com/cgi-bin/mt/mt-tb.cgi/1884

LATEST NEWSALL VIEW

  • 2018.01.21

    期間限定 特別大特価商品 続々と売り切れ終了へ

  • ZN6 86 GRMN用クロスミッション 再入荷 ZC6-BRZにもの画像
    2017.12.25

    ZN6 86 GRMN用クロスミッション 再入荷 ZC6-BRZにも

  • HA36S アルトワークス フラッシュエディター+ハイオクデーターの画像
    2017.11.02

    HA36S アルトワークス フラッシュエディター+ハイオクデーター

  • JW5 S660ブーストアップ フラッシュエディター特売の画像
    2017.10.19

    JW5 S660ブーストアップ フラッシュエディター特売

BLOG&EVENTALL VIEW

  • PS13 180SX CAエンジンから1JZエンジンへ 続きの画像
    2018.01.21

    PS13 180SX CAエンジンから1JZエンジンへ 続き

  • GC10 ハコスカ ミッションからのオイル漏れ修理開始の画像
    2018.01.20

    GC10 ハコスカ ミッションからのオイル漏れ修理開始

  • BNR32 GT-R ハイカム&塗装済みカムカバー装着の画像
    2018.01.19

    BNR32 GT-R ハイカム&塗装済みカムカバー装着

  • BCNR33 GT-R セッティング完了の画像
    2018.01.17

    BCNR33 GT-R セッティング完了

ページトップへ